シンパパ, my Love エピソード0 〜恋って面白い!

最愛シンパパに出会うまでの道のりをまとめた恋活・婚活ブログ

【体験談13②】超優秀マジメ「ザ・好青年」:結婚相談所

前回のつづき。

こんなに仕事熱心な上に、性格もソフトな人はなかなか出会ったことがありませんでした。

本当にやさし〜い感じの、忠誠ワンコのようなつぶらな瞳の“優男”!

 

超優秀マジメ「ザ・好青年」(結婚相談所)

 

 

 

  お見合いの後半戦

さて、色々な話で盛り上がった後半戦。

とにかく仕事が楽しくて、

毎日精を出していることがビシビシと伝わってたわけですが

 

それゆえ本人曰く

 

「マメじゃない」

 

・・・なるほど。

 

 

 

「でも一途。」

 


 

なるほど。

かわいい♡ 

f:id:em_me:20200515211000p:plain

仕事一途な人って「マメじゃないけど女にも一途」ってよくわかる。

「マメじゃないこと」はなんとかなるかな、って思います♪

 

それからおもむろに、こう聞かれました。

 

 

彼「バツイチは気になりますか?」

 

 

・・・・

 

はい!

もちろん、

 

気になりません★ 

f:id:em_me:20200515211000p:plain

むしろウェルカム★

 

バツイチなのは「プロフィール閲覧祭り」の時から知っていましたし、

どのような結婚生活を送っていたかということは、特に無理に聞き出そうとは思っていませんでした。

 

でも、彼は元奥さんとどういう経緯でお別れになったのか、真摯に丁寧に、話してくれました。

 

現在最愛の「シンパパ」も、「シンガポール駐在イケメン」もそうでしたが、

ご本人の口から早い段階で伝えてくれる、ということは有難いことです。

 

いくら結婚相談所で出会ったからと言って、誰だって積極的に話したいことではないはず。

人によっては悲しい気持ちが蘇ることもあるかもしれません。

 

でもきっと、伝えるのが遅くなったら私がどう思うか、とか、お互いの限りある時間、ということも考えてくれたのでしょう。

私も精一杯、話をきき、向き合ったつもりでした。 

 

 

  MEMO

 

初めて会うもの同士が、人生のデリケートな部分に触れる話をするので、こうした経験は「相手を思いやる気持ちを育てるチャンス」になるんだろうなあと思います♡ 

 

 

 

 

  彼のここが良かった!

余談ですが、トータル2時間半くらいしゃべった中で、なんども名前を呼んでくれたのがとても好印象でした!(システム上、初回は苗字しか明かされないので苗字だけど)

f:id:em_me:20200515211000p:plain

名前たくさん呼んでくれる人っていいよね!

 

 

  また会いましょう

なんだか懐かしい感じすらする、若者。

私が30歳を越えるまでに付き合ってきた人、好きになってきた人にちょっと近い感じ。

似たような学生時代を過ごしてきたからかな?

中高の同級生っぽい感じで、共鳴しちゃいました。

 

「ぜひ、また会いましょう♪」

 

そう言って、彼はバス停まで見送ってくれ、私はバスの中から彼に手を振って、お見合いは終了しました。

f:id:em_me:20200515211000p:plain

カフェでデートし、バスの中から手を振って、バイバイ。その感じが学生恋愛っぽかった。青春〜

 

 

 

  継続意思の有無報告

帰りのバスの中で、コーディネーターさんにメールを送りました。

 

「とてもいい人でした! 」

 

無事、双方合意となり、次のデートに繋がった♡

いい人に出会えて良かった〜♡

 

次のデートはどんな感じかな? 

つづきはまた次回!

 

  プチお知らせ  

約1ヶ月、なんとなく毎日更新をトライしてみましたが、そろそろ仕事がパンクしそうなのでww、気長にゆるゆる続けたいと思います★

気晴らしに、たまに覗きにきてもらえたら嬉しいです〜

 

 

ちょっとでも「いいな」と思ってくれた方

読者登録・応援ポチ、よろしくお願いいたします🙏❤️(この下にあるよ)

____
Photo by Richard Brutyo on Unsplash, by Steve Buissinne from Pixabay, by Natanja Grün on Unsplash and by Rudy and Peter Skitterians from Pixabay